教育方針

知・情・体 三位一体の総合教育

音楽教育music education

本幼稚園では、特に幼児期からの音楽教育による情操(感情や情緒を育み、創造的で、個性的なこころの働きを豊かにする心情)の育成、そしてしっかりとした集中力の育成が子供の将来にとって不可欠であると考えております。そこで音楽の専門講師が幼児の保育あるいは教育の場で音楽活動をより効果的に進めることにより、このような能力や態度を育成できるものと考えております。

音の光幼稚園では音楽の基礎であり、音楽教育にとって一番大切であるリトミックを取り入れ、幼児期での音楽基礎能力の習得を目指し、自然に音楽に親しむ事ができる子供を育てます。

知育・英語教育cognitive education / english

毎日繰り返される日課カリキュラムや自由遊びは幼稚園での生活の中で大きな割合を占めております。

本幼稚園のスタッフは総合幼児教育研究会の理念に基づき日課活動や遊びの中でいろいろな工夫を凝らし、たのしく子供たちと遊びます。子供たちは自然に文字や数字を覚え、歌をうたう事や本を読む事が大好きになっていきます。

  • フラッシュカード遊び
  • 詩集暗唱
  • 音読読本
  • 百玉そろばん
  • 指遊び
  • プリント

英語教育について

幼児期の英語教育は言語の意味を理解するのではなく、言語を「音やリズム」といった、言わば音楽(感性)として捕らえる事から始めなければなりません。赤ちゃんはお母さんの言葉(声)を意味ではなく音とリズムで聞いています。初期の英語でいちばん大切な事は単語の意味を覚える事ではなく、まず英語という言語の感性を磨く事なのです。

音の光幼稚園では、オックスフォード大学ローカルエリアティーチャーズの認定を受けた英語専門の外部講師により、英語を中心に総合的な語学の基礎を学びます。この語学基礎教育を身につけた子供たちは、将来、言語(例えば英語)の意味を理解する年齢に達すると、驚くほどその語学を吸収し、そして上達していきます。一度、実際にご見学される事をお勧め致します。

体育教育physical education

幼児期の子供たちは、感覚的にも自分の体をほとんど知りません。楽しく無理のない運動の中から柔軟性や体をコントロールする能力を身につけることは将来にとってとても大切な事です。子供たちが自分の運動能力を知る事により小学校や中学校に進んでも、どんなスポーツにも対応できる運動感覚が育つようになるのです。

本幼稚園では仙台ジュニア体育研究所の協力を得て、体育専門の講師が幼児体育の基本を取り入れ、必要な運動要素を子供たちが理解できるように工夫した指導を行なっております。

専門の体育講師によるカリキュラム

  • マット運動
    腕で体をささえたり体を回転させる運動は日常生活ではあまり行なわれません。
  • 跳び箱(開脚飛び)
    決断力や運動のリズムを学ぶだけではなく、体のバランスを崩した場合の危険回避能力が身に着きます。
  • 鉄棒(ぶらさがり)
    鉄棒にぶらさがる運動は人間が本来持っている原始脳を呼び覚ます効果があり、健康体維持・増進に効果的と言われている運動です。恐怖心を取り除けば体が軽い子供たちはぶらさがり鉄棒が大好きです。
  • 平均台
    幼児期の子供は大人が考えている以上にバランス感覚が良くありません。平均台はバランス感覚や足裏感覚を磨きます。また、覚醒効果がたかく、集中力を高めるのには最高の運動です。

可能性を見つける!科外レッスン

保育のほかにも、子どもたちの可能性を引き出すための科外レッスンを実施しており、
毎年度末には「科外おさらい会」を開催します。

  • ピアノ
  • ヴァイオリン
  • マリンバ
  • バレエ
  • 絵画教室
  • 英会話
  • 体操