音楽教育について

幼児期の音楽の効果

本幼稚園では、特に幼児期からの音楽教育による情操(感情や情緒を育み、創造的で、個性的なこころの働きを豊かにする心情)の育成、そしてしっかりとした集中力の育成が子供の将来にとって不可欠であると考えております。そこで音楽の専門講師が幼児の保育あるいは教育の場で音楽活動をより効果的に進めることにより、このような能力や態度を育成できるものと考えております。

音の光幼稚園では音楽の基礎であり、音楽教育にとって一番大切であるリトミックを取り入れ、幼児期での音楽基礎能力の習得を目指し、自然に音楽に親しむ事ができる子供を育てます。

音大を卒業したリトミック専門教諭のカリキュラム

リトミック

リトミックには楽譜もシナリオもありません。リトミック専門講師が即興で弾くピアノに合わせて子供たちの動きがリズムと同調していきます。子供たちは「音楽」を勉強していると言う感覚はありませんが、リトミックに取り組んでいくうちに自然に音楽的センスが身につき、歌唱や楽器演奏など、その他の音楽教育に驚くほどプラスに作用します。

また、3拍子なら3人、4拍子なら4人のグループを作るなど、グルーピングを多用するリトミックは協調性や即時反応を行なう事により集中力・判断力を育てます。

是非一度、本物のリトミックをご見学頂ければと思います。

ソルフェージュ

リトミックの要素の中にはソルフェージュ(楽譜を読む)があります。

音楽を聴いて感じるだけではなく、将来子供たちが自分で音楽を楽しむための読譜能力も育って行きます。

聴音

聴音とは、音を聞いて楽譜に書き取ることを言います。近年よく用いられる「コピー」、「耳コピー」に当たります。

リトミックはもともと「聴く」事を基本としておりますので、子供たちは自然に楽譜に書き取る前の段階に到達致します。

音楽の日課活動

  • いろいろな歌を月に約5曲程度覚え、そして歌っていきます。
  • ピアニカを中心に、楽器の演奏をします。
  • 音楽発表会(2月)にむけ、合唱や合奏の練習を行なっていきます。

科外レッスン

本幼稚園では、保育の中から自然に音楽的基礎能力(よい音楽・よいリズム)が育ちます。

子供たちはみんなうたうことが大好き、リトミックが大好き、そしていろいろな楽器に触れる好奇心も旺盛です。

そこで、保育外にも子供たちの可能性を引き出すための科外レッスンを実施しております。

コース 曜日 講師
ピアノ

(グループレッスン)

(個人レッスン)

火~金
(各クラス)
東音文化アカデミー専属講師
ヴァイオリン 青田知子先生
マリンバ 加藤絢子先生
バレエ 「籾江道子モダンバレエ研究所」より派遣
絵画造形 中島優理先生
英会話 三浦由紀先生
体操 「仙台ジュニア体育研究所」より派遣